液晶ディスプレイから目を守るメガネに新デザイン。キッズ用も登場!

Share on Facebook

PC用メガネ「JINS PC」

JINS-PC(ジンズ・ピーシー)

パソコンや薄型テレビ、スマホの液晶ディスプレイが発する『ブルーライト』が目に大きな負担を与えてる可能性があるようです。皆さんご存知でしたか?
『ブルーライト』というのは、光は、波長が短いほうから、X線、紫外線、可視光線(人間が肉眼で感じられる光)、赤外線などに分けられ、可視光線の中でもっとも波長が短く、エネルギー量が高い青色領域の光のことです。
そして『ブルーライト』は、赤色などの波長の長い光に比べて、光が散乱しやすく、目に映る像をぼけさせやすいという性質があり、また、紫外線と同じように、目の角膜や水晶体で吸収されず、目の奥まで到達してしまうことも特徴だそうです。
『ブルーライト』を浴びすぎると、目の疲れや痛み、さらに肩こりや腰痛といった症状が出やすいともいわれています。
さらに、まだ医学的に証明されてはいませんが、長期的に浴び続けることで、加齢性黄斑変成などにも関連するかもと示唆されています。
(加齢性黄斑変成は失明の原因の上位に入るこわい病気)

液晶ディスプレイを見る時間が増えている今、目の健康には気につけなければいけません。
特にゲームやパソコンなどを長時間おこなう方は要注意です!
最近では『ブルーライト』を軽減するメガネがあるようですよ。
メガネブランドー「JINS(ジンズ)」を展開する株式会社ジェイアイエヌが開発したパソコン作業用メガネ『JINS PC(ジンズ・ピーシー)』。
このメガネに使用されているレンズは、ブルーライトを約50%カットし、目の疲れを軽減する効果があるそうです。2011年9月の発売開始以来、人気の『度なし』のメガネです。
そして5月28日より新たに新デザインフレーム(2種12パターン)が追加され、子ども用の「JINS PC for KIDS」も発売されるそうです。
『JINS PC(ジンズ・ピーシー)』は「スクエア」タイプのフレームデザインで販売されていましたが、新たに「ウエリントン」(8色)、「メタルスクエア」(4色)が追加されます。
子ども用の『JINS PC for KIDS』のデザインは1種類4色です。
レンズにはイタリアのインターキャスト社製レンズ「NXT レンズ」を採用しています。LEDディスプレイが発するブルーライトを約50%カット。レンズカラーは薄いブラウンです。
価格は大人用の新デザインフレームが定価5,990円、子供用が定価3,990円です。

お求めはJINS 楽天市場店

株式会社 ジェイアイエヌ
東京都渋谷区神宮前二丁目34番17号 住友不動産原宿ビル20F






カテゴリー: なるほど!美容・健康   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Spam Protection by WP-SpamFree