世紀の天体ショー始まる!

Share on Facebook

日食グラスはまで使えます!次回は6月6日の「金星の太陽面通過」

金環日食

5月21日の金環日食、いかがでしたか?朝早く起きてご覧になりました?
国内では1987年9月23日に沖縄で観測されて以来、25年ぶりに観ることができた神秘の天体ショー。これほどの広範囲で日本中で観測できたのは平安時代まで遡らねばなりません。実に932年ぶりだとか。
次に日本で観ることがでるのは北海道。18年先の2030年になります。随分と先のことですね。
金環日食を観察するために買った日食グラスあなたならどうしますか?その時まで大事にしまっておきますか。
2012年の今年は珍しい天体ショーが多く観測できる年なのです。
6月6日には金星の太陽面通過という珍しい現象を観測できますよ。
金星の太陽面通過は、金星が太陽の前を横切る際、太陽の表面に黒い点として現れる現象です。直近では2004年に起こりましたが、残念ながら日本でば観測できませんでした。日本で観測できたのは1874年(明治7年)12月9日です。130年以上も前のことなのです。
2012年6月6日を逃すと次回は105年後の2117年12月11日になります。
折角の機会なのでお天気ならばぜひ観てみたいものですね。その時にまた日食グラスが役に立ちますよ。捨てずに取っておくことをお勧めします。
金星の太陽面通過は6月6日の午前7時10分~午後1時50分頃に観測できます。

さらに8月14日の未明には「金星食」という金星が月に隠されるこちらも神秘的で珍しい現象が観測できます。この現象は肉眼で観測できますよ。
今年は「金」にまつわる天体ショーの当たり年ですね。






カテゴリー: なるほど!自然現象   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Spam Protection by WP-SpamFree