梅雨に要注意!熱中症

Share on Facebook

熱中症対策は水分補給をこまめに

太陽

熱中症は高温環境下で発生する障害の総称で、熱けいれん、熱失神、熱疲労、熱射病に分けられます。
体内の水分や塩分(ナトリウムなど)のバランスが崩れたり、体内の調整機能が破綻することなどにより発症します。
屋内・屋外を問わず高温や多湿などが原因となって起こります。日射病とは違い、室内でも発症するケースが多く、年々増加傾向にあります。
実は熱中症は、梅雨の合間に突然気温が上昇した日や梅雨明けの蒸し暑い日などに実は発生しやすいのです。体が暑さに慣れていない時が要注意ということになります。梅雨が明け、最初にやってくる熱波は特に注意が必要ですよ!
熱中症にならないためには外出する時は帽子を被りましょう。また首回りは締めつけないようにしましょう!そしてこまめな水分補給が大切です。
暑い日には、知らない間にじわじわと汗をかいていますので、こまめに水分を補給!暑い日に外出するときはいつでも水分補給ができるようステンレス製の水筒を携帯しておくと便利ですよ!

●熱中症について詳しくはこちら
政府インターネットテレビ 熱中症から身を守る 予防法と対処法

熱中症 ならないための予防&なった時の対策を知ろう!

●ステンレスボトルのお求めこちら
楽天のステンレスボトル

amazon のステンレスボトル






カテゴリー: なるほど!美容・健康   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Spam Protection by WP-SpamFree