競馬の予想ソフトはそんなに当たる?

Share on Facebook

普通の会社員が3年間で約1億4,000万円も儲ける!


競馬

競馬の儲けを申告せず、3年間で約5億7,000万円を脱税したとして、大阪市の男性が大阪地検に起訴された事件が巷を賑わしています。
容疑は所得税法違反ですが、この男性が手にした正味の利益は約1億4,000万円。つまり、脱税額が利益を大幅に上回るヘンな“事件”。
起訴された男性は100万円を元手にこの3年間でトータル約28億7,000万円の馬券を購入。それに対し、得たリターンは30億1,000万円だそうです。差し引き約1億4,000万円が利益になります。
ではなぜ、約5億7,000万円を脱税したとなるかというと大阪地検と男性側の法解釈の相違です。競馬の払戻金は半額が“一時所得”として課税対象になるため、これをそっくり当てはめると確かに6億円相当を脱税したことになるそうです。男性の弁護人は「競馬の配当金のほとんどを次の馬券の購入資金に充てている。これは継続的かつ大量の取引に近く、一時所得ではなく、FXや先物取引のような“雑所得”にあたります。損したハズレ馬券も経費として認められるべきで、そうなれば課税対象はもっと低くなる」と言っています。確かにそうですね。元手はかかっているはずですから。
 ところで気になるのは、この男性がどうやって競馬で1億円以上も儲けたのか?ということですよね。
実は、過去10年ほどの競走馬の戦績、体重などが入った市販の競馬予想ソフトをカスタマイズしたようです。レース場のコンディション、風向き、騎手の成績、厩舎情報などさまざまな補足情報を分析、数値化して加えることにより、的中率を飛躍的に上げたそうです。アレンジの仕方は“企業秘密”として裁判でも明かされていません。
 驚くのはこの男性が競馬の専門家ではないということ。妻子がいる年収800万円のサラリーマンだそうです。大学の専攻は理系ですが、コンピューターや統計学に精通しているわけではないそうです。
なるほど!工夫次第で、バンバン勝ち馬が当たる予想ソフトを作れるということですね。

アルティメットの競馬予想が的中し続ける理由・・・





カテゴリー: なるほど!マネー   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

Spam Protection by WP-SpamFree